看板元のサービス内容を熟知する

看板元のサービスを完璧に提供しなければいけない

フランチャイズ営業をする時には、他の会社やお店の看板を借りて営業していく事になるので、あくまで自分が一から会社やお店を作っていくわけではないです。もし、看板の名を汚すような行為やまったく別のサービスを提供することになると、当然フランチャイズ契約を解除される可能性があるので、看板元のサービス内容を熟知して、完璧に提供しなければいけないです。飲食店の場合は、料理の作り方も細かい部分を含めて看板元と同じように作る必要があります。 もし、新しいサービスを提供したい場合は、看板元の担当者と話し合いをしていく必要があります。勝手に、サービス内容を変えたり、新しいサービスを開始しないように注意する必要があります。

研修をしっかりと受ける

フランチャイズ制度を利用しての開業は、看板元のサービス内容を熟知して、提供していく事が一番大事です。そこで、フランチャイズ契約をして開業する時には、自分が借りる看板元の会社の研修を受けるのが一般的です。研修では、看板元のサービスや商品を学ぶ事になり、担当者が細かく指導してくれるので、研修を忘れずに受けるようにします。理解出来ていない部分があれば、担当者に聞く事が必要ですし、フランチャイズ経営をしていく時のアドバイスをもらいます。

また、開業しても定期的に研修が行われることがあります。もちろん、その研修に参加する必要があります。フランチャイズ経営は、どれだけ看板元の期待に答えられるのかも重要なポイントです。